トップ

医師に重要な要素とは

医師の活躍のために

悪影響

医師における英語の重要性

医師として活躍していく上で、重要になってくる要素の一つとして英語力が挙げられます。日本では日本語で医学教育が行われていますが、海外では自国語で医学教育が行えない国も少なくありません。また最先端の技術や知識をまとめた論文や外国製の医療機器や薬品のマニュアルは英語で書かれている事が多く、それを読めるだけの外国語の知識が必要になっています。さらに国際化や外国人観光客の増加などによって、外国人の患者が増える事も予想されますので、その点でも重要になっています。特に急患の場合は患者さんが発する言葉が治療の重要なヒントとなるますので尚更です。最近では国家試験において英語に関する出題がなされるなど、その必要性は高まるばかりです。医師に必要とされる語学力は日常会話は勿論、医学的専門的な語学力が必要です。さらに患者さんの訴えてくる症状を正しくくみ取る力も必要ですしこちらの意思を性格に伝える能力も必要です。街中の英会話学校ではなく専門的な学習が必要になります。

求められる英語力とは

日本で医師免許を取得するためには、国内に80ある国公私立医科大学を受験し合格することが、登竜門となります。入学試験は、英語・数学・物理・化学・生物・小論文・面接試験で実施されることが一般的ですが、語学と数学の配点が他の物に比べ、非常に高く設定されています。これは、医師の学習の中心が海外からの文献を参照して行う、必要があるためです。英語論文を読みこなす能力はもちろんのこと、外国人研究者とコミュニケーションを滞りなく実施する必要があります。また、外国語しか話せない、患者さんも近年増加しているため、医療英語をしっかりと学部生のうちに身に着ける必要があります。医療用の語学を身に着けるには、外国人模擬患者さんを活用したOSCEを何度か経験する必要があります。慶應義塾大学や日本大学では外国人模擬患者の養成をおこなっており、学生に対して海外で活躍できるよう、サポートする講義・実習を用意しています。アンテナを多方面にはり、語学力を身に着けることを推奨いたします。

↑PAGE TOP