トップ / 医師とビジネススキル

医師とビジネススキル

ビジネスを医師も学ぶ

悪影響

医師もビジネススキルを磨ける

医師がビジネスについて学び経営の実践的なノウハウを備える動きは、従来まで活発ではありませんでした。人脈形成に努めていれば、他院と競争する必要もなく集客できていたからです。ところが、近年では地域を問わず経営力強化が叫ばれるようになっています。どんな医師もビジネススキルを磨き他院との違いを明確化するように努める必要性が生じてきたので、本業の傍らで熱心に勉強する人は多いです。その結果、多くの病院でサービスが向上しています。

医師はビジネスパーソンと交流を

熱心な医師はビジネスパーソンと関わりを持とうとしており、その経験は実務で活かすことができます。医療機関とは関係性が薄い場所で働いている人たちから健康状態を聞き出すことによって、世間的に流行している疾病を特定して医療行為に備えています。医師がビジネスパーソンから得た知識に関連する情報をインプットしておくと、患者が急増しても冷静に医療行為が可能です。単なる交流に見えても、実際は情報収集の一環というわけです。

↑PAGE TOP