トップ / 勤務医の働き方について

勤務医の働き方について

勤務医の勤務形態

悪影響

常勤医と非常勤医とは

民間や公立の病院に雇われる形で勤務している医師は勤務医とされますが、その働き方によって常勤の医師と非常勤の医師に分類されます。常勤の勤務医は基本的にその病院に雇用されている、会社員で言うところの正社員、公務員では正職員にあたります。そのために社会保険や年金、その他の福利厚生に関しては手厚くなります。ただし基本的には他の病院での勤務はできません。雇用された病院内での勤務となります。賃金形態は月給制をとるところが多く、それに加えて各種の手当が上乗せされます。

自分にあった勤務形態とはなにか

非常勤医師の場合は、指定した勤務日のみに診察を行うという形態となります。時間給となり、組織内の福利厚生の受給資格は得られませんが、その一方で複数の病院をわたっての勤務も可能となりますので、比較的自由度の高い勤務形態となります。月収が常勤の勤務医を上回るケースも見られます。どちらの勤務形態が自分のライフスタイルに合っているのかを見極め、転職を考えた場合にはその点を注意して募集要項をチェックすることが大切です。転職サイトには多くの案件が掲載されていますので、理想に近い働き方をすることが可能となります。

↑PAGE TOP