トップ / 医学部での勉強は大変

医学部での勉強は大変

医学部に存在する難関

悪影響

進級と卒業が難しい医学部

医学部は入学時は難関で特に国公立は倍率が高く、受験専門の予備校があります。困難を乗り越えた入学後にも試練が待ち受けています。まず学年を進級する際には選択科目はほとんどなく、必須科目をシラバスに組み込まれている事から授業に欠席する事は単位が取得できない事につながります。授業日に興味のあるイベントはまず行くことができず、諦める事になります。大学生活をほぼ勉強一色で過ごす事になりますが、医学部を卒業する際ももう一つの難関があります。それは医師国家試験があり、受験資格が揃っていないと国家試験すら受けられません。

医学部に進学することのメリット

医学部に進学することのメリットとして、まず挙げられるのが、ここに進むことでしか、医師免許を取ることができないということです。すなわち、ここに進学しなければ、医師になることはできないことを意味します。その分、倍率も偏差値も高い大学がかなり多いのが現状であるため、医学部に進学するためには、かなりの努力が必要となります。また、ここに進むことで、将来は医学博士になることのできる可能性が生まれるので、難病の研究なども行うことができるようになります。

↑PAGE TOP