トップ / 医師になる前に実習を

医師になる前に実習を

医師になるためには

悪影響

医師になるための実習

医師国家試験を受験することで免許を取得することが可能です。同免許の取得には、日本国内に設立された国公私立医科大学を卒業する必要があります。医学部では、臨床実習と呼ばれる病院での診療を体験する実習が組まれています。近年では、国外で勤務を希望する学生が多いため、国際基準(主に米国が設定)である125週以上の診療体験が組まれています。実際に医師になってから体験する病院での研修を学部学生のうちに体験できる、非常によい機会です。

医師は簡単な実習でも欠かさずに

ベテランの医師になると、簡単な実習に参加しなくなるかもしれません。暗記していたりいまさらやるのも面倒なのが理由だと思いますが、必ず参加してください。何故ならいざという時に実行できるかわからないからです。例えるならば避難訓練に似ています。避難先やルートを把握していても、いざその時になったらど忘れや動揺によりパニックになる可能性があります。医師がパニックになる可能性は低いでしょうが、ど忘れならありうるので簡単だとしても実習を行いましょう。

↑PAGE TOP