トップ / 医師が開業することは

医師が開業することは

医師には様々な進路が

悪影響

医師の就業形態について

医師免許取得後には様々な進路があります。医系技官として厚生労働省等の役所で働く、大学病院や総合病院などで勤務医として活躍する、iPS細胞などの研究を行う基礎研究医として働く、病院を新規に開業するなどです。開業医として活躍される方は、多数おられますが、成功のポイントとしては、大学病院や総合病院などで勤務医として、多数の症例を経験してから自身の医院を持つことです。症例を多数経験することで、活躍の幅が広い医師になることが可能になります。

医師の開業のポイント

開業を目指す医師の数は、年々増加していると言われており、各自の経験をしっかりと生かすためにも、クリニックの経営方針などを日ごろから理解しておくことが大事です。特に、医療機関の開業の手続きについては、初心者にとって難しいことが多くあり、各方面の専門家にアドバイスをもらうことが有効です。そして、経験豊かな医師を配置するうえで、人件費や管理費などのコスト面について、十分に検討をすることがコツとして挙げられます。

↑PAGE TOP