トップ / 医師の人手不足と激務

医師の人手不足と激務

医師の仕事は激務

悪影響

激務でもやりがいある医師の仕事

医療の発達と反比例して人手不足が何かと問題視されている医療現場。看護師はもちろんのこと、医師も同じくらい又はそれ以上に不足しています。特に大学病院や救命救急など激務と言われる現場で多く見られます。激務故になかなか自分の時間や家族との時間が作れない理由から、同じ医師でも美容外科や眼科など24時間体制の現場ではないところを希望して働く人もいます。しかし医療の現場で働くことは簡単ではありません。むしろ誰にでも出来る訳ではなく限られた、才能と免許のある人材のみが許され働けるのです。生きていく上で医療は一生どこかの場面で必要とされます。そんな誰からも必要とされる職業に携われるのは、他の仕事とは格別に違うやりがいを見つけられるはずです。どんなに忙しく自分の身を削ることになっても、最後には感謝される素敵な仕事です。患者や患者家族・友人からの言葉で頑張れる医師の仕事に誇りを持ち、たとえ激務で疲れ果てても心は満たされること間違いないでしょう。

激務をこなす医療関係者

今日、多くの医師が患者の複雑化、多様化するニーズに迅速に対応するために動いています。結果、激務になってしまう人が数多く存在します。このような状況は早期に改善しなければ医療従事者の心身の健康に悪影響を及ぼすだけではなく、患者に良質な医療サービスを安定的に提供する事が難しくなります。多くの医師は患者のケアだけではなく、学会や研究に関する業務もこなさなければならないので激務に陥りやすいです。それを避けるために開業医の道を選択する人が増えていますが、地域医療の問題に取り組まなければならない等激務に悩んでいる人はたくさんいます。現在のような負担が重くなりやすい状況を改善する事が非常に大切です。この問題は医療従事者、患者の心身の健康を維持する事が出来なくなる危険性があります。数多くの医療サービスを受ける事が出来ない人を生みだす恐れがあります。待遇の改善に早急に取り組み、医療従事者の心身を安定させる事が重要です。

↑PAGE TOP