トップ / 医師会に関する重要な情報

医師会に関する重要な情報

医師会の役割を学ぶ

悪影響

日本医師会の活動内容

日本全国に約16万6千人の会員を有する民間の学術専門団体である「日本医師会」は1916年に設立され、1947年には社団法人として、その後の2013年には公益社団法人として認可されました。主な活動内容としては医学教育の向上をはじめ、医学と関連科学との総合進歩等、非常に幅広い活動を行っています。また、全会員に配布される機関雑誌の「日本医師会雑誌」や、医政の分野を扱うニュースレターの「日医ニュース」等の刊行物もあります。

医師会の役割について

医師会は、医学に関する研究成果を発表したり、同業者間のコミュニケーションを図ったりするために、今や不可欠な組織として世間に知られています。最近では、取り組みについて、様々な場面で紹介されることがあり、高齢社会の中で大きな期待が寄せられています。このような医師会に早いうちから所属をすることで、医師としての専門性を高めることができ、日ごろの業務に対するモチベーションを高めることもできると言われています。

↑PAGE TOP