トップ / 小児科の現状で考えること

小児科の現状で考えること

小児科の重要性とは

悪影響

現状の小児科について

現状の小児科は医師の数が十分に確保する事が出来ない医療機関が少なくないため患者に必要なサービスを提供する事が難しい状況の地域も多いです。このような現状であるため受診するために住んでいる地域から車や電車等を使い小児科がある医療機関を受診する人が数多くいます。子供への対応の難しさ、多くの患者の診察がネックとなり休職や退職の道を選択するその科の医師は多いです。その科の環境や待遇を改善しなければ医療サービスを安定的に提供する事は困難です。

格差が広がる小児科の現状

子供が病気になった時に小児科に連れて行くと人気がある病院は混雑していて何時間も待たされてしまいますが、人気がない病院は予約も入ってなくガランとしています。このように今や病院の質や対応力で格差が広がっているのが現状です。人気がある病院はお医者さんの対応もしっかりしていて安心できます。しかし人気がない病院は技術が悪いわけではなくお医者さんの患者さんに対する対応があまり良くないという話をよく聞きます。そういう現状を受け止め改善していく病院が信頼を得て人気の小児科へとなっていくのだと思います。

↑PAGE TOP