トップ / 小児科不足の事態には

小児科不足の事態には

小児科を増やす努力を

悪影響

地方では小児科が不足か

地方の過疎化が進んだところでは老人の割合が多くなり、児童の数が減っているという現状が見られます。そのような地域では小児科がなくなり、需要の多い内科などが増えているという現状が見られるのです。しかし全く児童がいないわけではありません。そのために、不足してしまうと今度はいろいろな問題が発生してしまうのです。児童は地域全体の宝です。そのために不足した状況を解決しようと自治体で努力して小児科を増やそうとしているところもたくさんあります。

小児科医師の不足問題について

小児科で医師不足が顕著になってきています。当然のことながら、子供を見なければならないので、大人を診るよりも、一段と神経を使わなければなりません。さらに収入が他の診療科と比べて少ないというのも問題になっています。しかし、子供を救う小児科の医師が不足してしまっては、将来を考えるととても心配になってしまいます。国はこういった問題をなくしていかなければなりません。子供を救うことは日本の発展のために絶対に必要です。

↑PAGE TOP