トップ / 整形外科の仕事内容とは

整形外科の仕事内容とは

整形外科の種類は

悪影響

整形外科の仕事内容はハード

整形外科の病棟は2種類あります。その一つが、主に手術前後を扱う病棟と、もう一方はリハビリを中心とした病棟です。どちらも分野は同じですが、仕事内容は異なります。手術を中心をする場所では、術後の管理や感染予防、そして疼痛コントロール、早期リハビリなどが整形外科には重要になりますが、反対にリハビリを中心としたところの仕事内容では、残存機能の回復のためのリハビリや在宅へ向けてのサポートなどが中心となる業務になります。

整形外科の特徴と仕事内容

整形外科とは、運動器官を構成する組織(骨や軟骨、神経など)が対象で、それらの組織の病気の具合を見たり、治療法を開発したり、診療を行ったりする専門領域です。対象年齢は新生児から高齢者までと幅広く、またその内容も多様なことが特徴としてあげられる整形外科です。ですから、疾患による様々な治療法に対応するため、医師や看護師にもより専門的な知識や技術が求められ、その仕事内容も様々です。例えば、病棟勤務の看護師の場合、術前術後のケアやリハビリの介助などの仕事内容があります。

↑PAGE TOP